投資手法

投資手法

SBIの保有証券・資産ページの情報をGoogleスプレッドシートで扱いやすくする

てくです。 SBI証券でアメリカ株投資をしているとSBI証券が提供している情報で扱いにくいなぁと思う点があります。 どこの情報が扱いにくいと感じているかというと外国株の「保有証券・資産」のページです。 きっと、こう感じるのは、わたしのよ...
投資手法

アメリカ株投資での株式の売買の管理方法

てくです。 以下の記事で甲斐さんからコメントが付いたので、一部回答したいと思います。 受け取った配当金管理のためのGoogleスプレッドシートの公開 質問内容 その質問内容は以下のようなものでした。 株式の売買、ドルの購入、購入し...
投資手法

10年以上増配企業と20年以上増配企業 やっぱり生活必需品が安心できる

てくです。 最近セクター単位での確認をよく行っています。 今回はセクター単位での10年以上増配している企業と20年以上増配している企業はどのくらいあるのかを確認したいと思います。 今回の確認対象 今回の確認対象はS&P500...
スポンサーリンク
投資手法

【検証】2018年10月9日から3日間の下落率とβ値

てくです。 先日、以下の記事を書きました。 ディフェンシブ銘柄とディフェンシブ銘柄が多いセクター 書いた矢先に急落?が発生した。 そこで、気になったのです。β値から見たディフェンシブなセクターがこういう急落場面においても同様の傾向が...
投資手法

低β値/高β値なセクターおよび産業

以前以下の記事を書きました。 ディフェンシブ銘柄とディフェンシブ銘柄が多いセクター その中で以下のようにまとめました。 事業特性からディフェンシブかどうかを判断するのは「セクター」ではなく「産業」のレベルで見た方が正確性が高い 結局...
投資手法

ディフェンシブ銘柄とディフェンシブ銘柄が多いセクター

ディフェンシブ銘柄ってなんでしょう? ちょっとまとめてみました。 ディフェンシブ銘柄の特徴 ディフェンシブ銘柄とは株式市場がどのような状況でも安定した利益を出す銘柄のことを指します。つまり不景気のときにおいても安定的な利益を出す企業で...
投資手法

アメリカ株投資でのドルの管理方法

てくです。 以下の記事で甲斐さんからコメントが付いたので、一部回答したいと思います。 受け取った配当金管理のためのGoogleスプレッドシートの公開 質問内容 その質問内容は以下のようなものでした。 株式の売買、ドルの購入、購入し...
投資手法

自社株買いする会社のPERの違いにおける会社の株価、EPS、配当への影響

てくです。 以前、株式投資では株主還元のうち自社株買について、同じ発行株数(10億株)、純利益($10億)、当期純利益伸び率(0%)、PER(15%)、配当性向(50%)の条件下において、自社株買いをまったくしない場合と純利益の20%を自...
投資手法

自社株買いする会社としない会社の株価、EPS、配当への影響

てくです。 株式投資では株主還元のうち自社株買いが株価へどのような影響を与えるかを考えたいと思います。 株主還元 そもそも、株主還元とは企業が得た利益を株主に還元することを指します。還元の仕方として主に以下の2種類があります。 ...
投資手法

受け取った配当金管理のためのGoogleスプレッドシートの公開

てくです。 最近以下の記事を書きました。 GPIFのように収益額とインカムをグラフにしてみた。なんと収益額の36%が配当でした。 そしたらお問合せフォームから実際には受け取った配当金をどうやって管理しているかという問い合わせを受けまし...
投資手法

インカムゲイン(配当金)狙いの投資に向いた保有銘柄数の最適解の考え方

アメリカ株を始めてアメリカ株のポートフォリオを構築しようとしたとき、意外と悩むのが保有銘柄数はいくつくらいがいいのかという点です。 わたしは2017年11月12日時点で33銘柄保有しています。 他のアメリカ株をしている人よりも多い方かもし...
投資手法

不人気銘柄(低PER)は利益は変わらなくても効率よくEPSや配当を成長できる

投資方針に低PERへの投資を挙げています。なぜ低PERへの投資をしているかについて以下の記事で説明しました。 もう少しファンダメンタルの面からシミュレーションして、なぜ低PER銘柄への投資が良いのかを見ていきたいと思います。 シ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました