低β値/高β値なセクターおよび産業

以前以下の記事を書きました。

その中で以下のようにまとめました。

事業特性からディフェンシブかどうかを判断するのは「セクター」ではなく「産業」のレベルで見た方が正確性が高い

結局は個別銘柄のβ値を見た方が当然正確です。ここでは個別銘柄の個別事情をある程度排除した産業特性から低β値な産業を見つけ出そうということです。

そこで今回は産業のレベルまでブレークダウンしてどの産業がβ値が低いのか、どの産業のβ値が高いのかを確認してみました。β値の算出にはS&P500企業の値を利用しています。なお期間が足りず、β値を算出できない銘柄は除外しています。

低β値な産業

β値が1未満のセクター-産業は以下のとおりです。

セクター 産業 β値
公益事業 水道事業 0.10
一般消費財 各種消費者サービス 0.16
公益事業 電気事業 0.17
公益事業 総合公益事業 0.17
生活必需品 パーソナル用品 0.46
一般消費財 繊維・アパレル・贅沢品 0.46
生活必需品 食品 0.47
生活必需品 家庭用品 0.49
不動産 REIT 0.53
電気通信 各種電気通信サービス 0.60
生活必需品 飲物 0.70
生活必需品 タバコ 0.72
資本財 商業サービス・用品 0.73
生活必需品 食品・生活必需品小売 0.79
資本財 旅客航空輸送業 0.82
一般消費財 複合小売業 0.88
ヘルスケア ヘルスケア機器・用品 0.88
資本財 専門サービス 0.88
ヘルスケア ヘルスケアプロバイダー・サービス 0.88
資本財 航空貨物・物流サービス 0.89
ヘルスケア ヘルスケアテクノロジー 0.91
一般消費財 レジャー用品 0.94
エネルギー エネルギー設備・サービス 0.94
情報技術 通信機器 0.97
一般消費財 ホテル・レストラン・レジャー 0.97
資本財 航空宇宙・防衛 0.97
電気通信 インタラクティブメディア・サービス 0.99

高β値な産業

セクター 産業 β値
素材 建設資材 1.01
金融 保険 1.03
資本財 陸運・鉄道 1.03
資本財 コングロマリット 1.05
情報技術 ITサービス 1.05
一般消費財 専門小売業 1.06
ヘルスケア ライフサイエンスツール・サービス 1.06
ヘルスケア 医薬品 1.07
一般消費財 家庭用耐久財 1.10
電気通信 エンターテインメント 1.11
公益事業 独立系発電・再生可能電力事業 1.13
エネルギー 石油・ガス・消耗燃料 1.13
金融 各種金融サービス 1.14
情報技術 電子装置・機器・部品 1.14
一般消費財 自動車 1.15
金融 資本市場 1.18
資本財 建設関連製品 1.19
金融 銀行 1.21
ヘルスケア バイオテクノロジー 1.22
情報技術 ソフトウェア 1.22
資本財 電気設備 1.23
一般消費財 流通業 1.23
金融 消費者金融 1.25
素材 化学 1.25
資本財 機械 1.25
資本財 建設・エンジニアリング 1.28
電気通信 メディア 1.32
一般消費財 インターネット・ダイレクトマーケティング小売業 1.35
素材 容器&包装 1.36
情報技術 ハードウェア・ストレージ・周辺機器 1.37
情報技術 半導体・半導体製造装置 1.38
資本財 商社・流通業 1.40
素材 金属・鉱業 1.44

こちらの記事も読まれています



投資手法

Posted by てく