スポンサーリンク
情報源

アメリカ株が毎年増配できる秘密とは

以下の記事を読むと、アメリカ株をあまりやっていない人から見ると「なぜ日本株は増配をあまりしないのに、アメリカ株は毎年増配し続けられるの?」と疑問に思うかもしれません。 増配銘柄の配当再投資の資産増加はすさまじい 15年後には増配銘柄への
一般消費財・ サービス

マクドナルドは最近軟調だが安心と思える理由

おはようございます。 最近ダウは軟調でしたね。もっと下がれと祈っていたら、昨日は大反発でした(>_<) 年始に向けて、もっと下がってくれたら、来年の1月にはがっつりいくつかの銘柄に投入したいと思っています(^O^) 今日は私
生活必需品

プロクター・アンド・ギャンブル(PG)の配当性向が気になる

今日はプロクター・アンド・ギャンブル(PG)の過去のデータをちょっと見てみたいと思います。P&Gの過去10年のチャートです。 これを見るとリーマンショックのあった2008年には4割くらいは下落していますが、一年後にはかなりのと
ポートフォリオ

2013年11月の運用成績

今月はNYダウが最高値を更新し、ナスダックは13年ぶり4000台に乗せました。 しかも、ドル高円安の影響で円換算の評価額は大きくアップしてます。2013年11月の運用成績を公開します。 前回10月に公開した時よりリターンは6.5%上
情報源

世界の大勢が分かる!世界のセクター、企業別の時価総額マップ

この記事は古い情報です。 最新の情報は以下を確認してください。 世界の企業の時価総額のランキングは色々なところで公開されています。 それらを見れば、世界の大勢が分かります。しかし、多くの人にとってそれらはランキング形式で、読んでも「
情報源

食品業界を支配する10大企業とは

皆さんが何気なくスーパーで買い物をしている食品や洗剤といった一般消費財を購入していると思います。 それらの商品の多くは10つのグローバルカンパニーの商品であることが多いのです! 分かりやすく図で表しているサイトがありました。 です。
生活必需品

フィリップモリス(PM)の株価が-3.71%ダウン・・・購入したくなってきた

私がもっとも保有している銘柄であるフィリップモリス(PM)が21日に-3.71%も下げてしまいました(>_<) なぜか調べてみたところ、ゴールドマンが格付けを「買い」から「中立」 に格下げしたみたいです。 フィリップモリスは
NO IMAGE 配当実績

2013年11月の配当実績

2013年11月の配当ですが、ちょっと早いですが、予定している銘柄すべてから配当が出そろったので、実績を公開したいと思います。 年月日 銘柄 受取金額 受取金額(円) 2013/11/20 CAT N
生活必需品

コカコーラ(KO)のEPSと配当の増加の美しさを見よ!

よく増配銘柄への投資と言っています。 連続増配銘柄も紹介して来ましたが、実際に個別銘柄が増配をどの程度しているかを見てみたいと思います。 今回はコカコーラ(ティッカー:KO)を見てみたいと思います。 以下のグラフがKOの2002年から
投資手法

15年後には増配銘柄への投資の利回りはただの配当再投資の2倍に!

以前説明した内容 以前に増配銘柄の配当再投資の資産増加がすごいことをお話ししました。 上記では増配銘柄の配当再投資の条件は以下でした。 元本 増配率 再投資 1000万 毎年5% 配当はすべて
投資手法

長期投資していれば暴落も怖くない!

当然投資しているので、資産が増えることを期待しています。 長期投資の視点で見ていれば、暴落も怖くないと考えています。 暴落すれば、配当利回りがいいときに仕込めるのでいいとさえ考えています(^O^) 記憶に新しいリーマンショックの時の暴落
NO IMAGE マーケット全般

シーゲル投資の代表的なETFのKXIの銘柄紹介します!

シーゲル投資の代表的なETFを紹介します。 ETFを紹介してますが、ETFを購入することを推奨している訳ではありませんので、あしからず。 ここでこのETFを紹介する理由は銘柄選びの参考としてもらうためです。 KXIは「iシェアーズ グロ
スポンサーリンク