密かに立てていた目標を達成できず、順調にいけば今年は目標達成できそう

2018年1月4日運用実績

ブログでも何も言っていませんでしたが、昨年はひっそりと目標を立てていました。
昨年はアメリカ市場も順調で、評価額も右肩上がりの年でしたが、目標を達成することができませんでした。

こういう目標の立て方もあるかなということで、昨年の目標について紹介がてらお話ししたいと思います。

昨年ひっそりと立てていた目標

ひっそりと立てていた目標が何かというと、
「万が一わたし自身に何かあっても、奥さんが苦労することなく生活できる」
です。

わたし自身に何かあってもというのは、想像したくないですが、わたしが病気か、不慮の事故かなんかで、亡くなった場合です。

奥さん一人の場合の必要金額

上記の目標を立てる上で必要となるのが、奥さん一人の場合の必要金額です。
ザックリとですが、必要金額(月額)を算出しました。

項目 費用内訳
住宅費 ¥50,000
食費 ¥40,000
水道光熱費 ¥10,000
通信費 ¥10,000
被服費・美容費 ¥20,000
医療費 ¥10,000
交通費 ¥10,000
娯楽費・交際費 ¥30,000
旅行積立 ¥20,000
その他の雑費 ¥10,000
合計 ¥210,000

上記の金額はかなり余裕を持たせています。

月で¥210,000必要なので、年額にすると¥210,000×12=¥2,520,000が必要となります。

突出した点は特にありませんが、補足するとすると、住宅費と旅行積立の費用くらいですね。きっと。
住宅費はマンションをローンで購入していて、団体生命保険に加入しているので、ローンによる返済は0になります。そのため、住宅費で必要になるのは管理費のみとなります。管理費は¥50,000もしません。一番バッファを持たせているところになります。

旅行積立は奥さんが旅行好きなため、設けた項目で、年1回ちょっと安めの海外旅行に行けるように月¥20000の積み立てを想定しています。他の項目でかなり余力があるので、もっと旅行に行けるのではと思っています。

奥さん一人になったときの収入

奥さんにはあくせく働いてほしくないので、基本的には奥さんが働いての収入は0として考えました。
そうした場合、収入は以下の2種類になります。

収入 金額
保険(収入保障) ¥130,000
遺族年金 ¥35,000
合計 ¥165,000

月で¥165,000の収入なので、年額にすると¥¥165,000×12=¥1,980,000の収入になります。

遺族年金は最低でも月¥35,000は入ってくるかなと・・・(全然詳しくない)

不足金額

不足金額は¥2,520,000 ー ¥1,980,000 = ¥540,000 ということになります。

昨年ひっそりと立てていた具体的な目標

上記の不足金額を配当金で得られるようにする。
つまりは、「アメリカ株で得られる年間の配当金(手取り)を¥540,000にする」でした。

なので、いくら評価額が増えても目標を達成できなかったということです。

昨年の配当金額

昨年アメリカ株で得られた配当金(手取り)は現在の為替レート¥112.27で計算すると¥533,018でした。

残念ながら、¥6,982の不足でした。

目標金額まであと¥6,982なので、今年こそは達成できるかなと思っています。

不足金額¥540,000は日当たりにすると¥1,479になります。
1年が365日で考えると、360日でお金が枯渇し、最後の5日間は飲まず食わずかなと。

だたし、「万が一わたし自身に何かあっても、奥さんが苦労することなく生活できる」で想定した事象がワーストケースではないので、そこが懸念材料です。

一番のワーストケースはわたしは生きているが、働けなくなるケースがワーストだと思っています。住宅ローンも払わなければならないし、上述した収入も得られないのですから。
その場合のことは・・・まだ目標にできるレベルでないので、考えないことにします(^_^;)

Posted by てく