ピックアップ記事

GPIFのように収益額とインカムをグラフにしてみた。なんと収益額の36%が配当でした。

2018年7月16日

お久しぶりです、てくです。

最近悪い傾向が出ていていて、投資にあまり興味を抱けなくなってました(>_<)

そんな中、目に留まって興味をそそられたのがGPIF(年金積立管理運用独立行政法人)の業務概況書です。

GPIFの業務概況書にあるグラフたち

わたしは、データを可視化するのが結構好きです。GPIFの業務概況書を見るとそんなグラフが山ほど出てきます。そんな中わたしの気を引いた1つのグラフが以下です。

GPIFの収益額とインカムゲインが美しい形で可視化されてますね。今思えば、当たり前のような気がしますが、あまりこのような形で自分の運用状況を見ていませんでした。

てくの投資の収益額とインカムゲイン(配当)の状況

GPIFのグラフを真似てみたいなと思い、ちょっと作ってみました。

配当金は配当金を足していくだけなので簡単です。いつも本ブログでも配当実績公開しているとおりですね。

総収益額(ドル)は以下の式で計算しています。

総収益額(ドル) =  時価総額(ドル) + 配当金(ドル) + 売却損益(ドル)-買付金額(ドル)

合ってますよね。きっと。

上記の計算のもと、自分自身の資産運用状況を可視化してみました。それが以下です。

こうして見ると総収益額の36%が配当金でした(^^♪

あっ、今日はそれだけです。