自分のポートフォリオのβ値は0.86!思ったほど低くなかった

2014年9月27日ポートフォリオ

前に「googleとyahooでβ値が違う理由」でgoogleとyahooのβ値を算出するときの期間が違うことを投稿しました。

β値の意味

β値は市場平均の価格変動に比べて個別銘柄の株価の変動がどのくらいかを表しています。
分かりやすく例でたとえると以下になります。β値はリスク指標として活用されます。

 

  • β値が1の場合:市場平均と同じ動きをします
  • β値が2の場合:市場平均が10%上昇(下落)すると20%上昇(下落)します
  • β値が0.5の場合:市場平均が10%上昇(下落)すると5%上昇(下落)します

β値を購入時に活用

個別銘柄のβ値は購入時に市場平均に対するリスクを判断することに利用できます。

値動きが安定した銘柄を購入したいときはβ値が1より小さい銘柄を購入、値上がり益を求めるなら高β値の銘柄を購入、といった感じで活用できます。

私はどちらかというと低β値の銘柄を購入しています。

β値は変化していく

購入時にいくらβ値が低い銘柄を購入したとしても、購入後もβ値は刻一刻と変わっていきます。
ちなみにgoogleのβ値は毎月のリターンから算出されるため、毎月変わっていきます。

自分のポートフォリオのβ値

そこで、気になったのが、私自身のポートフォリオ自体のβ値です。
ちょっと計算してみました。そうするとポートフォリオ自体のβ値は0.86でした。

思ったほど低くない(>_<)
0.75位であってほしかったです。

さほど低くない理由は以下の表を見ると一目瞭然ですね。β値が高いBPを高割合で保有しているからですね。

TICKER 評価額(外貨) 保有率 β値 ポートフォリオに対するβ値
APD $6,361.92 5.14% 1.21 0.062
BP $12,630.75 10.21% 1.84 0.188
CAT $2,713.50 2.19% 1.6 0.035
CLX $4,580.31 3.70% 0.46 0.017
COP $10,284.80 8.31% 1.21 0.101
CVX $7,644.00 6.18% 1.06 0.065
DE $2,069.75 1.67% 1.27 0.021
GIS $2,206.62 1.78% 0.16 0.003
GPC $3,353.12 2.71% 0.76 0.021
JNJ $3,132.60 2.53% 0.57 0.014
KMB $7,095.00 5.73% 0.2 0.011
KO $5,355.52 4.33% 0.53 0.023
LO $2,691.00 2.17% 0.31 0.007
MCD $5,863.41 4.74% 0.34 0.016
MO $9,372.24 7.57% 0.52 0.039
PBI $4,347.20 3.51% 1.41 0.050
PEP $917.50 0.74% 0.4 0.003
PG $4,272.27 3.45% 0.42 0.015
PSX $437.55 0.35% #N/A 0.000
PM $9,826.75 7.94% 0.93 0.074
T $703.00 0.57% 0.46 0.003
TGT $3,481.56 2.81% 0.53 0.015
UL $2,275.11 1.84% 0.74 0.014
WMT $5,270.68 4.26% 0.45 0.019
XOM $6,848.94 5.54% 0.84 0.046
合計 $123,735.10 100.00% 0.862
ちなみにポートフォリオに対する個々の銘柄のβ値は以下のように計算しています。
  • [保有率] = [個別銘柄の評価額]/[評価額の合計]
  • [ポートフォリオに対するβ値] = [保有率]×β値
  • [ポートフォリオに対するβ値の合計欄] = 個々の銘柄のポートフォリオに対するβ値の合計値
投資は自己責任でお願いします。