下落の一途をたどるVZ(ベライゾン コミュニケーションズ)をさらに追加購入

てくです。

以前以下の記事を書きました。

VZ(ベライゾン コミュニケーションズ)を購入 電気通信サービス補充
てくです。以前以下の記事を書きました。その中で、セクター比率の調整のためにヘルスケアの買い増し、金融の買い増し、電気通信の買い増しを考えるとお伝えしました。今回はそのセクター比率の調整のための購入です。購入銘柄購入し
下落の一途をたどるVZ(ベライゾン コミュニケーションズ)を追加購入
てくです。以前以下の記事を書きました。購入銘柄VZ(ベライゾン コミュニケーションズ)は3月に購入したばかりですが、その後もずるずる下落して約10%のマイナスとなったため、追加購入しました。今後のVZの購入方針現
スポンサーリンク

購入銘柄

VZ(ベライゾン コミュニケーションズ)は3月、5月に購入したばかりですが、その後もずるずる下落していました。

「下落の一途をたどるVZ(ベライゾン コミュニケーションズ)を追加購入」で以下のように言いました。

さらに損益が悪化して-10%になった場合にはさらに追加購入しようと考えています。

残念ながらそのとおりになったので、追加購入しました。

購入後のわたしのポートフォリオのセクター比率の状況

購入後のわたしのポートフォリオのセクター比率の状況は以下のとおりです。VZを購入しましたが、Telecommunications Services の比率は前とほとんど変わりません。評価額が下がっている銘柄を購入したのですから当然ですが・・・

セクター評価額合計 / 評価額(外貨)目標比率
Non-Cyclical Consumer Goods & Services$65,79536.96%40%
Energy$39,72822.32%15%
Healthcare$11,9236.70%15%
Industrials$17,0909.60%10%
Basic Materials$6,9873.93%5%
Cyclical Consumer Goods & Services$24,38113.70%5%
Financials$4,3992.47%5%
Telecommunications Services$5,2342.94%5%
Technology$2,4771.39%0%
総計$178,015100.00%100%

今後のVZの購入方針

追加購入をしたことにより、評価損は6%強の状況です。評価損が20%を超えたら考えようとは思いますが、気持ち的には当面は打ち止めとしたいと思います。

コメント