個別のアメリカ株の調査のためのベストサイト

こんばんわ、てくです。今日から年末年始の休暇に入りました(^O^)
早速、帰省して、のんびりしてます(^^ゞこの年末年始は来年買う銘柄の調査をしようと思っています。

スポンサーリンク

調査の第一ステップ

私がアメリカ株の個別銘柄の調査をする時、主に当ブログの以下の情報から企業をピックアップすることが多いです。

調査の第二ステップ

そのあと、個別の銘柄の分析に入るといった方法をとっています。

今日はその個別の銘柄を分析するときに必要となる情報源について説明したいと思います。

私がアメリカ株の個別銘柄を分析するときは大体以下の2つのサイトを使用しています。

共に英語のサイトですが、慣れれば見るのはそれほど苦にならないと思います。
食わず嫌いはせずに一度見てみてくださいね。これ以降、例としてコカコーラ(KO)で見ていきたいと思います。

Morningstar

Morningstar | Independent Investment Research
Morningstar is an investment research company offering mutual fund, ETF, and stock analysis, ratings, and data, and portfolio tools. Discover actionable insight

Morningstarは「金融商品に関する調査分析情報を提供するグローバルな運用調査機関」です。

EPS、PER、配当性向などの重要な指標をKey Ratiosとしてまとめており、それらの推移を2003年から見ることができます。そのため、推移を見るときによく利用しています。NASDAQでも同様の指標の推移が2002年から見ることができますが、3年単位での表示しかされず、一覧性がよくないので、Morningstar.comを使用しています。

例えば、Morningstar.comのコカコーラ(KO)のKey Ratiosのページは以下で確認できます。

見て分かると思いますが、非常に一覧性が良く見えるのが特徴で、本当に素晴らしいと思います。
ほとんどこのサイトでと個々の企業のホームページで完結することが多いです。

NASDAQ

http://www.nasdaq.com/

NASDAQはアナリストリサーチを参考にする場合に確認することが多いです。例えばコカコーラ(KO)のアナリストリサーチのページは以下で確認できます。

やはり自分だけの判断だけでは心配な時に見たりしています。

個々の企業のホームページ

これはAnnual Reportを見るときに確認します。ただ、Annual Reportを英語ができないとつらいですが・・・多分慣れです。

複数の業種のAnnual Reportは読まず、まず特定の業種からから読み始めた方がいいと思います。使われる単語が似ているので。

Annual Reportは目を通した方がいいと思います。少なくとも数十万円は投資するのですから。
テレビを買う時もスペックを確認し、他社と比較して購入しますよね?それと同じと思ってください。

私にはテレビを買うときは他社比較するのに株式投資の場合にはあまり調べずに購入する人が多いことが不思議でなりません(>_<)

その他参考になる記事

食品業界を支配する10大企業とは
皆さんが何気なくスーパーで買い物をしている食品や洗剤といった一般消費財を購入していると思います。それらの商品の多くは10つのグローバルカンパニーの商品であることが多いのです!分かりやすく図で表しているサイトがありました。 です。
世界の大勢が分かる!世界のセクター、企業別の時価総額マップ
この記事は古い情報です。最新の情報は以下を確認してください。世界の企業の時価総額のランキングは色々なところで公開されています。それらを見れば、世界の大勢が分かります。しかし、多くの人にとってそれらはランキング形式で、読んでも「

投資は自己責任でお願いしますね。

コメント