ピックアップ記事

情報収集効率化

2016年7月25日

わたしがアメリカ株投資をするときに様々な情報をウェブサイトから収集しています。見たい情報が一か所のウェブサイトに集まっている訳ではありません。

そこで、わたしは情報収集を効率化しています。情報収集効率化をどのようにしているかまとめていきたいと思います。

Google スプレッドシートを利用した取得

銘柄の財務情報取得

GoogleFinance関数を使ったデータ取得や、GoogleFinance関数だけでは取得できないセクター名、Forward PER、モーニングスターレートの取得方法などを説明しています。

NYSE、NASDAQ、AMEXの構成銘柄の取得

NYSE、NASDAQ、AMEXの個々の構成銘柄の取得方法から、一括での取得方法について説明しています。

S&P500の構成銘柄

Google スプレッドシートでS&P500の構成銘柄のティッカーシンボル、会社名、セクタ名、産業名などを取得する方法を説明しています。ヘッダーあり/なしで取得する方法も書いてます。

為替データ

為替レートを自動で取得する方法を説明しています。Google スプレッドシートを使ったポートフォリオ管理するときに使いやすいようにする方法も書いてあります。

Excelを利用した取得

S&P500の構成銘柄

Excelのクエリ機能を利用してS&P500の構成銘柄を簡単に取得する方法を説明します。取得元のwebのデータが更新されても、簡単に更新かけられます。

マージン・デットとS&P500の株価を統合したデータ

直接Excelファイルのダウンロードします。本ファイルはクエリの更新をすると最新の日次のデータを作成できます。

Posted by てく