$2,500の配当金を得るのにかかる日数の推移

てくです。

唐突ですが、長期投資って意外と暇です。しかも、わたしは基本的に買ったら売らない方針をとっているのでなおさらです。

投資に関して暇を持て余しているので、自分自身が保有しているデータを色々な切り口で見たりすることがあります。

配当金$2,500を獲得までに要した期間の推移

わたしは2012年04月26日に初めてアメリカ株を購入しています。そして、2018年11月2日時点で配当金の累積が$22,500を突破しました。

獲得した配当金が増えているのは「配当実績」からも分かるのですが、別の切り口で見てみました。

今回確認したのは$2,500ドルを獲得するまでに要した日数という切り口からです。

$0から$2,500、$2,500から$5,000、$5,000から$7,500・・・と$2,500単位で配当金を獲得するのに要した日数をグラフ化してみました。

$22,500までは実績のデータで、それ以降は予測値となります。まぁ、期待している推移ですね。赤いラインは当面の目標のラインで30日のところにあります。30日で$2,500まで得られるようになりたいということで引いています。$2,500、1ドル113円とすると約28万円です。ここまで行けば御の字かなと思っています。我が家ではこのレベルであれば貯金や旅行などの大き目の娯楽に費やせないけど、配当金だけで生活可能なレベルと考えているためです。

・・・現在は$2,500得るのに150日かかっているので、まだまだ遠い先の話です。

グラフを見てみると$10,000-$12,500のときに$2,500獲得するまでに要する日数が増加しています。原因はCOPの減配です(時期的に2016年なので、配当への課税が増えたときではありません)。しかもこの辺りは新規購入も少なかったときなので、グラフにすると如実に分かってしまいます。

長期投資の折り返しの地点にも来ていない6年超の投資期間ですが、長期投資の成果が見えてちょっと気分がいいかなと。

こちらの記事も読まれています



運用実績

Posted by てく