ピックアップ記事

マクドナルド(MCD)が2013年以降最低水準のPER

2014年8月15日

こんにちは、てくです。最近マクドナルド(MCD)は色々と問題を抱えているため、軟調な状況です。

もしかして買い時?と思い、少し調べてみました。

色々な問題を抱えていると言いましたが、抱えている主な問題は主に以下の3つです。

  • 仕入先の中国の食肉加工会社が期限切れの食肉を使用していた問題。また、それによる主力製品の販売停止。
  • ロシアがマクドナルドの販売している商品の安全性に問題があるとして起訴。
  • アメリカ国内の既存店舗の売上の停滞。

マクドナルド(MCD)はどの程度軟調なのか?

ではマクドナルド(MCD)はどの程度軟調なのでしょうか?

S&P500と直近2年で比較したグラフが以下になります。

マクドナルド(MCD)が約6%の上昇にくらべ、S&P500は約37%上昇しています。

つまりマクドナルド(MCD)はS&P500の1/6程度しか上昇していないことになります。
本当に軟調ですね。しかも中国でも食肉問題等やロシアでの起訴の話が出てから、さらに下落しているのが分かると思います。

マクドナルド(MCD)を購入するくらいならインデックスに投資していた方がいいということですね(>_<)

現在のマクドナルドは割安か?

ただし、個別株の長期投資は割安の時に購入するのが鉄則です・・・割安かどうかの判断ができれば、誰も苦労しないですね(^^ゞ

私は割安かどうかを判断するときには2014年投資方針にも挙げたとおり、PERを見ています。
その視点に立ってみると、マクドナルド(MCD)のPERは16.97と低く感じます。

色々な問題を抱えているのでマクドナルド(MCD)のPERの チャートで過去と比べて低く見えているかと思い、調べてみました。以下のグラフがマクドナルド(MCD)の過去5年のPERのチャートになります。

MCDのPER チャート

過去5年間での平均PERは17.16で、最低が14.39です。

現在のPERが16.97ですので、ほぼほぼ平均と同じといえます。ちょっと期待外れですね・・・

ただし、リーマンショックから2010年までを立ち直り時期とみなして除外すると、2011以降の最低のPERは15.94なので、あと少しで最低ラインまで行きそうです。

2013年以降で見れば、現在が最低水準のPERです。

マクドナルド(MCD)が長期的にまだ成長すると思う方には割安のレベルではないかと思います。
ちなみに私はまだ成長余地はあるのではないかと思っています(^O^)

投資は自己責任でお願いします。