2018年3月の配当実績 7万円弱の配当金、まだまだ道のりは長い

こんにちは、てくです。
2018年3月の配当実績を公開したいと思います。

それに合わせて、以下のページも更新しています。

スポンサーリンク

2018年3月の受け取り配当金一覧

国内支払日銘柄コード銘柄名株数受取金額(ドル)受取金額(円)
2018/03/02COPコノコフィリップス81$16.61¥1,765
2018/03/02COPコノコフィリップス47$12.06¥1,282
2018/03/02PSXフィリップス 665$2.53¥269
2018/03/02WFCウェルズ ファーゴ80$28.06¥2,982
2018/03/12XOMエクソン モービル69$38.24¥4,064
2018/03/12XOMエクソン モービル36$24.95¥2,652
2018/03/12XOMエクソン モービル28$19.41¥2,063
2018/03/12XOMエクソン モービル15$10.40¥1,105
2018/03/12EMRエマソン エレクトリック60$26.19¥2,783
2018/03/13CVXシェブロン60$48.26¥5,129
2018/03/13PBIピツニーボウズ160$21.55¥2,290
2018/03/13CVXシェブロン26$26.21¥2,785
2018/03/13CVXシェブロン30$30.24¥3,214
2018/03/13TGTターゲット57$31.81¥3,381
2018/03/14JNJジョンソン&ジョンソン30$18.14¥1,928
2018/03/14JNJジョンソン&ジョンソン2821.17¥2,250
2018/03/14JNJジョンソン&ジョンソン107.56¥803
2018/03/14ADMアーチャー ダニエルズ ミッドランド7522.62¥2,404
2018/03/16MCDマクドナルド6345.79¥4,866
2018/03/22ULユニリーバ ADR5117.89¥1,901
2018/03/26KHCクラフト・ハインツ169¥956
2018/03/26LMTロッキード マーチン1425.2¥2,678
2018/03/30BPBP ADR20597.1¥10,319
2018/03/30BPBP ADR7041.65¥4,426
2018/03/30GILDギリアド サイエンス168.21¥873
合計$650.85¥69,169

受取金額(円)は2018/3/31の為替レート¥106.28で計算してます。

2017年3月との配当金比較

2017年3月の配当金は$468.68ですので、1年前と比較すると、$182.17の配当金の増加になります。増加率でいうと38.87%になります。

2017年3月の配当実績 去年比-17.6%( ゚Д゚) その原因は
こんにちは、てくです。2017年3月の配当実績を公開したいと思います。早とちりで、3/31振り込みのが計算に含まれていなかったため、更新しています。2017年3月の受け取り配当金一覧 年月日 銘柄 受取金額 ...

昨年度は通常3月に配当受け取りがあるBPが4月受け取りだったため、受取金額が$468.68と少なかったため、38.87%の増加となっています。

ただし、BPを3月に受け取れたと仮定すると、昨年度は$607.37のため、実質増加率は7.16%となります。

2017年3月と比較して、新規購入した銘柄と配当金

2017年3月と比較して新規に購入した銘柄は以下のとおりです。

国内支払日銘柄コード銘柄名株数受取金額(ドル)受取金額(円)
2018/03/12XOMエクソン モービル15$10.40¥1,105
2018/03/26KHCクラフト・ハインツ16$9.00¥956
合計$19.4\2,061

$19.とは・・・微々たる新規購入効果ですね。ガッカリ感を味わうので、こうやって毎月計算するのも考えものかもしれません。

配当増加の内訳

2017年3月から配当が増えた理由をまとめると以下のとおりです。ちなみに、BPの受け取り月が違った件を補正した内容となってます。

増配要因金額比率
既存の増配$24.0855.38%
新規購入$19.4044.62%
合計$43.48100.00%

全体の増加率が7.16%ですので、既存の増配率は7.16%×55.38%=3.97%となります。
目標は各銘柄で5%としているので、少しばかり足りません。

要因としては3月はエネルギーセクターの銘柄の増配率が低いためです。現状の市況を考えるとしょうがないと思っています。しばらくは我慢が続くかなと思っています。

だからといってエネルギー銘柄を売り、他の銘柄へ乗り換えるかというと、まったく考えていません。それは投資方針に書いたとおり、基本的には売るという選択肢はないためです。

投資方針
わたしの現在の投資方針です。過去の投資方針は以下を参照してください。投資の目的会社員勤めしなくても、お金に困ることがないようにする。つまりは経済的自由を手に入れるということ。経済的自由とは働かなくても入ってくる不労所得で...

目標増加率である5%を達成している銘柄はPSX、JNJ、MCD、UL、LMT、GILD、それにCOPの7銘柄です。

本当はここにCOPを入れたくない気持ちでいっぱいなんですけどね・・・前に大幅減配したので。

2016年3月の配当実績 COPの減配が痛い
こんにちは、てくです。2016年3月の配当実績を公開したいと思います。 年月日 銘柄 受取金額 受取金額(円) 2016/03/02 COP .63 ¥1,646 2016/0...

所感

手取りで7万円弱得られたので、正直うれしい!

次こそは7万円台にしたいですね。購入手数料のことを考慮すると、配当金が毎月$1111.11ドル入ってくれば、配当金だけで毎月再投資できるんですけど、その地点に到着するにはまだまだ道のりが遠いなぁと思ったりしてます。

巷ではエネルギー銘柄は危なそうだとか、グロース株の方がいいとか色々という人がいますが、ふぅ~~んという程度でしか見ていません。

また、最近の乱高下でもワサワサしていますが、気にしていません。というより、気に掛けるほどの下落しているとも思っていません。

投資スタイルとして長期投資を選んだのですから、粛々と再投資をするだけです。

もし、売買を繰り返すなら、過去の株価を検証データと利用して検証して、優位なトレードだと確信したのち行うシステムトレードの方がいいと思うのですが・・・(by 元システムトレーダーより)

こちらの記事もどうぞ



配当実績
スポンサーリンク
配当再投資でのんびり投資

コメント